歯を美しく見せるためには自由診療の歯科を利用する

口内環境は健康にも関わるしっかりとケアしよう

確認が重要

主体的に確認すること

審美歯科は虫歯や歯周病の治療とは異なり、患者の希望を実現することも治療の重要事項です。歯を白くしたい・きれいな口元を手に入れたいという希望は患者によって異なりますので、希望に沿った治療を実現するためには主体的に意見する必要もあります。審美歯科ではまず治療の前にカウンセリングを受けます。口腔内の状態を確認し、どういった治療が必要なのかについて医師が判断すると同時に、患者の意見を言う場でもあるのです。どういった見た目にしたいのか、どの部分が気になるのかといった点をはじめ、治療費についても予め相談しておくとよいでしょう。治療後も重要です。万が一思い通りの見た目にならなかったという場合は、きちんと医師に申告する必要があります。アフターケアについて確認しておくと、きれいな歯を長持ちさせることもできます。

治療費には注意すること

審美歯科で受けられる治療はそのほとんどが健康保険の適用されない自由診療です。そのため治療費は高額になりがちです。同時に、審美歯科における治療費はクリニック間で差が大きいといった特徴もあります。予算内で費用に見合う適切な治療を受けるには、事前の確認が重要です。まず、多くのクリニックがホームページで料金を公開しています。もちろん、こうした料金は口腔内の状態や治療法によって変動しますので、実際に治療に移る前に最終確認も必要です。また、最近では低価格で治療を行うクリニックも増えていますが価格だけで飛びつくのは少々危険です。中にはアフターケアが不十分であったり、別途追加費用が科せられる場合も多く見受けられます。安心して治療を受けるには、予算内で適切に対応してくれるクリニックを選ぶことが重要です。